お父さんと娘

​哲学してる

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

オトナ

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Childcare on philosophy

 

​哲学育児

 

​®︎

 
 

「哲学」というと、どんなイメージでしょうか?

深くて難しくてよく分からない学問、といった感じでしょうか。

​こどもとそだつ考究店では、哲学を「なんで?と考えること」と定義しています。

 

フランスなどでは、哲学が重視され幼少期から学んでおり、

日本でも、Eテレで哲学の番組があったり、

経営者の間で「ビジネス哲学」が流行していたりと、

既にその力は注目されています。

 

子育ては「なんで?」の連続です。

なんで寝ないの?

なんで泣いてるの?

なんでそんなことしてるの?

そんな「なんで?」に対する答えを、誰かから与えられるのではなく、

この子の中から、また

この子と自分との関係性の中から見出していこうとする、

そんな姿勢を「哲学育児」と呼んでいます。

​世の中にあふれかえる知識、テクニックやノウハウ。

それってほんとうの“答え”なのだろうか、と不安になることが少なくありません。

あなたがこう思っている理由、わたしがこう言動した理由があるように、

この子にもそう言動した理由、背景、過程や想いがあります。

それは一概に、これにはこう、と言えるものではないし、

こどもや親ひとりひとりの考え方もちがえば、感じ方もちがうと思うのです。

一方通行な視点じゃなく、向こう側から見た「なんで?」を考えることの中に

真実はあると思うし、ほんとうの解決策があるのではないでしょうか。

答えは、自分や目の前のこの子の中にあります。

それはとても遠回りな、時間のかかる行程のようだけど、

​実はいちばんの近道。

与えられた答えが合わなくてイライラが増したり、

うまくいかないモヤモヤで幸せに気づけなかったり、

そうなるよりは、まっすぐにこの子に向き合って、

この子とわたしだけの答えを導き出していけたらな、と思うのです。

「哲学育児」は、哲学するように育児を楽しむ。

歳児さんのように「なんで?なんで?」と本質を探りながら、

この子とわたしの”生きること”を楽しんでいきます。